青森県言語聴覚士会

トップページ
言語聴覚士とは
イベント情報
会員へのお知らせ
支部会からのお知らせ
入会案内
言語聴覚士がいる施設
求人情報



【更新情報】





△top



八戸市環境・健康フェスタ2018 青森県言語聴覚士会 八戸支部出展
イベントスタッフ募集について


日 時: 平成30年9月30日(日曜日)9:50〜16:00
場 所: 八戸市公会堂・八戸市公会堂文化ホール
コーナー名称: 『飲み込み・ことば・きこえの専門家 言語聴覚士です』
コーナー内容: 聴力検査
嚥下食の紹介(今年も下沢食品様にご協力いただきます)
飲み込み・言葉の相談コーナー
コミュニケーション機器・言語聴覚士の案内チラシ配布

昨年度実績
 スタッフ参加:23名 八戸支部14名、弘前支部6名(スタッフのお子様含む)、下沢食品様3名
 来場者数:約300人→ 一昨年度に比べて約70人増
 相談件数:37名(成人30名、小児7名)→ 一昨年度に比べて約20名増

今年度のイベントの予定
 今年度は弘前医療福祉大学からの要請もあり、聴力検査を行う運びとなりました。具体的には2台のオージオメータを使用し、検査者2名・説明者2名の計4名で対応させてもらう予定です。検討事項が多いため、詳細は決まり次第ご連絡いたします。その他、嚥下食の紹介や相談コーナー、コミュニケーション機器紹介、STの案内チラシの配布等は昨年度と同様に行わせて頂く予定です。
 健康まつりへの参加は今回で3回目になりますが、まだまだPT、OTやほかのコメディカルに比べると言語聴覚士の認知度は非常に低い状況だと思います。現在は高齢化に伴い介護予防が日本全国で非常に重要視されています。そのため、この地域で出来るST的な啓蒙活動や、日常の勤務とは違った形でSTの仕事をアピールし、STの仕事の重要性を再確認できる愉しい時間になれば良いと思っていますので、沢山のスタッフ参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

当日は県士会で作成したSTポロシャツを着て、記念写真を撮りたいと思います。


言語聴覚の日イベント:担当 八戸市立市民病院 浜谷 雄太
スタッフ参加締め切り:9月3日(月曜日)
市民病院アドレス:reha@hospital.hachinohe.aomori.jp

※当日のスタッフ配置,要項作成やお弁当準備のため、参加希望の方は、お早めにご連絡いただきますようお願いします。


申込書はこちら(Wordファイル 約20KB)

△top



青森県言語聴覚士会 解散総会および
一般社団法人 青森県言語聴覚士会 設立総会開催のご案内

謹啓
 春暖の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 青森県言語聴覚士会は、平成14年言語聴覚障害児者の支援を目的に設立され、これまで任意団体として活動して参りましたが、この度『一般社団法人 青森県言語聴覚士会』へ移行する運びとなりました。
 総会では、青森県言語聴覚士会を解散し『一般社団法人 青森県言語聴覚士会』として設立総会を開催致します。
 つきましては、同封のはがきに出席の可否及び必要事項をご記入し、期日厳守の上、事務局宛てに必ず返信くださいますよう宜しくお願い申し上げます。
 また、総会当日は、設立記念講演会も開催いたします。関連職種の方々、ご興味をお持ちの方などお誘いいただければ幸いです。託児所も準備しておりますので、お子様連れの方は是非ご利用下さい。
 同封の案内をご確認の上、ふるってご参加くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

謹白

〜記〜

日  時  平成30年6月17日(日)
会  場  青森県総合社会教育センター 大研修室
青森市荒川字藤戸119-7
プログラム  9 :30〜10:00 記念講演会受付
10:00〜12:00 記念講演会開催
12:50〜13:00 総会受付
13:00〜14:30 解散総会および設立総会
14:30〜15:00 設立記念式典受付
15:00〜16:00 設立記念式典
申し込み  記念講演会、託児所の利用、解散総会および設立総会は、いずれも別途の申込が必要となります。記念講演会、託児所の利用は専用の申し込み用紙にてお申込み下さい。総会に関しましては同封のはがきにて必ずご返送下さい。
締め切り  平成30年6月1日(金)必着
解散総会  1.平成29年度活動事業報告
2.平成29年度収支決算および監査報告
設立総会  1.平成30年度活動事業案
2.平成30年度予算案
3.その他各議案
会費納入  当日、受付にて平成30年度の会費(正会員5,000円、会友会員3,000円)を申し受けます。納入のほど宜しくお願い致します。
<お問い合わせ>
〒036-8102 青森県弘前市小比内3-18-1弘前医療福祉大学 言語聴覚学専攻内
一般社団法人 青森県言語聴覚士会 事務局 担当 成田
TEL:0172-27-1001 FAX:0172-27-1023
email: naritas@jyoto-gakuen.ac.jp


一般社団法人 青森県言語聴覚士会 設立記念講演会


チラシと申込書はこちら(PDFファイル 約612KB)


△top



リハビリ職種の活用を検討中の行政担当者様へ

一般社団法人青森県理学療法士会
地域包括ケアシステム担当 對馬新吾

 地域包括ケアシステムの構築が進む中、「地域ケア会議にリハビリの人を混ぜたいけど、 声をかけてもいいのかな?どこに声をかければいいの」、「住民主体の介護予防教室ってどうやるの?」と感じている行政担当者の方は多いのではないでしょうか?
 青森県では、そんな自治体とリハビリテーション専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)をマッチングさせる事業を行っています。リハビリテーション専門職を必要とする市町村の依頼に応じて、青森県理学療法士会・青森県作業療法士会・青森県言語聴覚士会が会員を派遣します。派遣に関わる交通費は県から派遣者に支払われますので、自治体側の負担はありません。また謝金についても今年度から交付される保険者機能強化推進交付金をご利用いただければ幸いです。地域住民の健康のため、我々リハビリテーション専門職をぜひご活用ください。

<依頼例>
・地域ケア会議の参加
・介護予防教室の講話、体操指導、体力測定
・住民主体型介護予防教室の運営支援
・介護予防事業の企画会議参加
・自立支援のためのケアプラン見直し、同行訪問
 その他の内容についても、気軽にご相談ください。

<申し込み窓口・問い合わせ先>
〒030-0813 青森市松原1丁目5-5 サンシャインプラザ松原A-102号室
青森県理学療法士会事務局
TEL:017-752-9444 FAX:017-752-9445
E-mail:ptaomori@jomon.ne.jp
URL:www.ptaomori.org
※作業療法士・言語聴覚士の依頼も理学療法士会が取りまとめております。



△top



≪青森県言語聴覚士会 法人化について≫

 早春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。会員の皆さまにおかれましては、日頃より青森県言語聴覚士会にご協力とご理解をいただき、誠に有難うございます。この場をお借りし、改めて感謝申し上げます。
 平成14年、任意の職能団体として設立された青森県言語聴覚士会(以下、県士会)は、来年度より『一般社団法人 青森県言語聴覚士会』へ移行いたします。これまでの総会でも何度かご説明させていただいた通り、法人化に向けて着々と準備を進めて参りましたが、ようやくそれが実現する運びとなりました。
 これまでの任意団体としての県士会は、法による縛りがなく、比較的自由に活動を展開することができてきました。その一方、周囲から公的な団体としては認められにくく、社会的な立場は決して強いものとはいえませんでした。国が、在宅中心の医療、介護を支援しようという流れの中で、今後の県士会は、行政機関や関連支援団体との連携が必要不可欠な状況になります。この先、言語聴覚士の支援を地域に浸透させていくためには、法的に定められた1つの団体として活動することが非常に重要です。法人化を機に社会的な信用を得て、県士会の担うべき役割の遂行や様々な事業への介入をしていきたいと思います。
 現在、青森県では、青森県理学療法士会が窓口になり、理学療法士会、作業療法士会、言語聴覚士会の3士会協同で地域リハビリテーション活動支援事業を展開しております。また、失語症意思疎通支援者養成事業という、失語症者を支援するパートナーの育成事業も開始されました。いずれも行政からの要請を受けた公的な事業に相当します。当然こうした事業は今後も増えることが予想され、県士会としては随時要請に応えていくことは責務となります。社会に対する責任は、これまで以上に大きなものとなりますが、法人の一員となる会員の皆様とも協力し、その責務を果たしていければと思います。
 これからについてですが、平成30年4月に一般社団法人言語聴覚士会を設立し、6月に青森県言語聴覚士会の解散総会、並びに一般社団法人 青森県言語聴覚士会の設立総会を開催予定です。同日は、総会とともに設立記念式典を開催し、会員の方はそのまま法人へ移行することとなります。記念式典には各関連団体の代表の方々や行政機関の方々へもご出席を賜り、少し大きい規模の式典となる予定です。記念講演も開催予定で、現在講師の先生と交渉中です。詳しいことが決まりましたら、改めて皆様にご連絡いたしますので、是非ふるってご参加くだいますよう宜しくお願い致します。
 なお、今年度に関しては、理事の選任選挙を施行いたしません。まずは現行理事にてしっかりと話し合い、法人化を実現させたいと思います。現在県士会の会員数は160名弱と、他県と比べても決して多くはありません。貴重な会員の皆様が、法人化した後の県士会にも沢山在籍していただけるよう、また「会に入って良かった」といっていただける県士会となるよう、理事一同努力して参りますので、引き続きご協力の程、重ねてお願い申しあげます。

(会長 塩谷 大)


△top



青森県言語聴覚士会
生涯学習プログラム専門講座開催のご案内


向春の候、益々御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、青森県言語聴覚士会では 生涯学習プログラム専門講座 を下記の通り開催いたします。
講師に北海道医療大学 リハビリテーション科学部 言語聴覚療法学科 教授の中川賀嗣先生をお迎えし、講座「STだから知っておきたい高次脳機能障害とその見方(失行を含む)」をご講義頂くこととなりました。STの専門分野である失語症はもちろんの事、STとして臨床に必要な高次脳機能障害全般の基礎的知識や見方についてお話し頂く予定となっております。是非とも本講座をご活用頂き、現場の臨床に生かして頂ければと思います。
また、認定言語聴覚士を志し現在ポイントを取得されている方や、これから認定言語聴覚士を目指そうと考えている方も是非ご活用して頂ければ幸いです。つきましては、何かとご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。


日 時: 平成30年3月4日(日)
会 場: 青森県観光物産館アスパム 5F 研修室「白鳥」
〒030-0803 青森市安方一丁目1-40 TEL 017-735-5311(代)
講 師: 北海道医療大学 リハビリテーション科学部 言語聴覚療法学科
教授 中川 賀嗣 先生
講 座: 「STだから知っておきたい高次脳機能障害とその見方(失行を含む)」
プログラム: 9 :30 〜 受付
10:00 〜 12:00 講演(質疑応答含む)
12:00 閉会
受 講 料: 青森県言語聴覚士会会員:無料
青森県言語聴覚士会非会員で日本言語聴覚士協会会員:2000円
青森県言語聴覚士会非会員かつ日本言語聴覚士協会非会員:4000円
申し込み: 別紙参加申込書にご記入の上、FAXまたは郵送にて下記までお申し込み下さい。

 申込書のダウンロード(PDFファイル 約66KB)

つがる総合病院 リハビリテーション部 言語訓練室 担当 工藤
〒037-0074 青森県五所川原市字岩木町12-3
TEL 0173-35-3111 FAX 0173-35-0009
締め切り: 平成30年2月26日(月)必着
そ の 他: 本講座を受講される際は、受付にて受講を証明する確認印を押印いたしますので、日本言語聴覚士協会で発行している生涯学習プログラム用の「生涯学習受講記録票」を必ずお持ち下さい。尚、既に入会されている方で生涯学習受講記録票を紛失された方は、当日再発行が可能ですので、受付にお申し出下さい。まだ協会へ入会されていない方で当講座を受講予定の方は、当日までに出来る限り入会申し込みを済ませるようお願い致します。
会場案内: JR青森駅より車で3分、徒歩8分。
東北自動車道 青森中央I.Cより車で約20分。
駐車場は会場建物横にございます。駐車場をご利用の方は有料となっております。
研修会受付にて半額券を配布いたしますのでご利用下さい。

<会場周辺地図>



△top



ねぶたの館を巡る旅 失語症者と家族のつどいin青森

2013年8月ごろに細々と始まった青森失語症友の会ですが、盛岡のデイサービス「言葉のかけ橋」の佐藤先生や日本失語症協議会の皆さん、青森県言語聴覚士会のご支援の元、ここまで続けてくることが出来ました。感謝の気持ちを込めて、青森で交流の旅を企画する事になりました。
各地の失語症友の会、若い失語症者のつどい、そして会話ボランティアをして下さる言語聴覚士等の皆様のご参加をお待ちしております。

≪期日・旅程≫ ━━ 全行程貸し切りバスでの移動 ━━
(道路運輸状況や天候その他により日程及び時間等が変更になることがございます)

★平成29年9月23日(土)
 JR新青森 集合・出発 12:10 =八甲田丸12:30着(船上で昼食・交流会)
 =ワ・ラッセ(青森のねぶたの館)=田んぼアート(図案はやまたのおろち、桃太郎)
 =星と森のロマントピアそうま着17:00(宿泊、懇親会)
★平成29年9月24日(日)
 星と森のロマントピアそうま出発9:00=弘前市リンゴ公園(りんご狩り)
 =津軽藩ねぷた村(弘前扇形ねぷた、昼食)=道の駅つるた
 =立佞武多の館(五所川原の20mのタチネブタ)=新青森駅16:30

*新幹線時刻表 1新青森着11:51(東京発8:40) 2新青森着11:21(東京発8:20)

≪宿 泊≫星と森のロマントピアそうま[望遠鏡で星空観察ができます]
≪参加費≫ 25,500円(貸切バス代、宿泊費、食事×4、入場料等全て込み)
  ※途中参加も可能ですので、それぞれ実費でお願いします。
≪参加定員≫ 40名
≪申込み締切≫平成29年8月25日(金)
  参加費を口座に振り込まれた時点で申し込み完了とします。
     青森銀行 浜館支店 普通預金 3042908
       青森失語症友の会「ちょちゃべの会」 まで
  【旅行申込書はこちら(PDFファイル 約130KB)
≪企 画≫岡田理砂子(会長 090-6452-3879)
     川田悦子(慈恵会病院 言語聴覚士090-9536-2579)
     旅行会社 たびすけ 添乗員 同行


△top



青森県言語聴覚士会八戸支部 摂食嚥下障害に関する特別講演会のご案内

拝啓
 紫陽花の候、時下益々ご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、青森県言語聴覚士会八戸支部では、下記日程で摂食嚥下障害に関する講演会を開催いたします。
 今回は、埼玉県総合リハビリテーションセンター 言語聴覚士 清水充子先生にご講演頂くことになりました。
 日本の摂食嚥下リハビリテーションの基礎から現在までの礎を築かれてきた清水充子先生に、今回は『摂食嚥下訓練の基礎と臨床の実際』と題しまして、嚥下訓練の基礎に関するお話しから、様々な症例や実技を交えて、より臨床に役立つようなお話をしていただくことになっております。
 臨床場面では訓練や様々な食環境の調整に苦慮することが多くあります。今回は、ご講演の後には質疑応答にて、清水先生に日々の臨床での疑問などを直接質問できる機会もございますので、是非奮ってご参加下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 また、当日は講演会終了後に清水先生を囲んで懇親会も開催予定です。八戸中心街で行う予定です。
 詳細は決まり次第ご連絡します。是非ご参加下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

謹白

日 時: 平成29年7月29日(土曜日)14:00〜17:00
会 場: 独立行政法人 国立病院機構八戸病院 4階 療育プレイホール
青森県八戸市吹上3丁目13-1 TEL 0178-45-6111
対 象: 青森県言語聴覚士会会員、言語聴覚士
【定員50名/事前申し込み制】
プログラム: 13:30〜 受付開始
14:00〜15:10 前半の部開始 『摂食嚥下訓練の基礎と臨床の実際』
講師:清水充子先生
           (埼玉県総合リハビリテーションセンター)

          〜10分休憩〜

15:20〜16:30 後半の部開始
16:30〜16:50 質疑応答

16:50〜17:00 事務連絡後閉会
参加費: 県士会員:無料 非会員:1000円
申し込み: 電話、FAX、メールでの申し込み 締め切り:平成29年7月20日(木曜日)
上記内容に関してご質問等ございましたら、下記までご連絡ください。
連絡先:訪問リハビリステーション あすみ 担当:古内 洋
TEL:080-3322-7055 FAX:050-3730-0207
アドレス:sindouisseihf1217@yahoo.co.jp
詳細・申込用紙はこちら(PDFファイル 約272KB)



 

△top



青森県言語聴覚士会 弘前支部からのお知らせ
第31回『市民の健康まつり』 ・ 言語聴覚の日記念イベント開催について

謹啓
 平素よりお世話になっております。今年度、青森県言語聴覚士会 弘前支部では、言語聴覚の日 記念イベントの一環として、7月9日(日)ヒロロで開催されます 第31回『市民の健康まつり』に参加することになりました。本まつりに、医師会 ・ 看護師会 ・ 栄養士会 ・ 歯科衛生士会等はじめ他職種 ・ 市民の皆様が集まり、言語聴覚士会においても啓蒙活動を行う上で大変良い機会と存じます。初参加となりますが、他職種 ・ 市民の皆様と交流を図りたいと考えております。開催にあたり、スタッフを募集いたします。 若手の方々のご参加を大募集いたします。日ごろ培った臨床経験をもとに、市民の皆様と交流してみませんか。今後の臨床 に臨む上でも、貴重な経験を得る機会になると思います。他支部からのご参加も大歓迎いたします。
 STコーナーの内容は下記をご参照ください。参加申し込みにつきましては、別紙へ必要事項をご記入の上FAXまたは、必要事項を直接メールでお知らせいただきますようよろしくお願いいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

謹白

日 時: 平成29年7月9日(日) 9:00-16:00 (10:00開会)
会 場: ヒロロ3階
催し物: 第31回『市民の健康まつり』(言語聴覚の日記念イベントとして参加)
内 容: 「聴力検査体験」、「嚥下障害の紹介・嚥下食品のサンプルの展示・試食」、「ことば・発音・聞こえ・飲み込みの相談」、「進路紹介(中高生向け)」
駐車場: 無料駐車場 旧大成小学校跡地・未舗装部分(70台)
有料駐車場 ヒロロ(409台)・弘前駅中央入口(50台)・城東口(128台)駐車場
       *3時間まで無料(駐車券を会場へお持ちください)
締 切: 平成29年7月5日 (水)
(1)青森県言語聴覚士会の会員、(2)非会員 ・ 学生の参加も大歓迎いたします
別紙申し込み用紙に必要事項をご記入の上、下記までお申し込みください
事務局: 弘前中央病院 リハビリテーション科 桜田孝太
TEL 0172-36-7111 FAX 0172-34-8789
メールアドレス narumi_riha_st@yahoo.co.jp
詳細・申込用紙はこちら(PDFファイル 約160KB)



青森県言語聴覚士会
第16回 総会及び研修会開催のご案内

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、青森県言語聴覚士会では、下記の通り第16回 総会及び研修会を開催いたします。

日   時: 平成29年5月27日 (土)
会   場: 青森市福祉増進センター(しあわせプラザ)2F 研修室
青森市本町4丁目1番3号 TEL 017-734-5315
日   程: 10:00 総会 受付
10:30 総会開始
11:30 総会終了
    休憩・昼食
12:30 研修会受付
13:00 研修会
    講 師 ニュートリー株式会社 木村 道代先生
    テーマ 「嚥下調整食について」〜食べやすい食形態とは〜
15:30 終了
※ 内容は、嚥下食品の試食を含めてお話し頂きます。

※会場の駐車場は限られておりますので、駐車スペースがない場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。




青森県言語聴覚士会
生涯学習プログラム専門講座開催のご案内

  時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、青森県言語聴覚士会では今年度、 生涯学習プログラム専門講座 を下記の通り開催いたします。
今回は、春日居サイバーナイフリハビリ病院でSTとして勤務しておられ、また、日本言語聴覚士協会副会長としてもご活躍されておられます、内山量史先生を講師にお迎えし、講座「臨床実習」をご講義頂くこととなりました。青森県内においてもSTが勤務する病院・施設が増大し、それに伴い、実習生を受け入れる病院・施設も増大しているものと思われます。臨床実習に対する疑問点、問題点等をお持ちの方、また、今後実習生を受け入れる予定の方、等、是非とも本講座をご活用頂き、現場の臨床実習に生かして頂ければと思います。
また、認定言語聴覚士を志し現在ポイントを取得されている方や、これから認定言語聴覚士を目指そうと考えている方も是非ご活用して頂ければ幸いです。つきましては、何かとご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

日   時: 平成28年12月4日(日)
会   場: 青森県観光物産館アスパム 5F 研修室「白鳥」
〒030-0803 青森市安方一丁目1-40  TEL 017-735-5311(代)
講   師: 日居サイバーナイフ・リハビリ病院
言語聴覚士 内山 量史 先生
講   座: 「臨床実習2015」
プログラム: 9:30 〜     受付
10:00 〜 12:00 講演(質疑応答含む)
12:00       閉会
受 講 料: 日本言語聴覚士協会会員:2000円 日本言語聴覚士協会非会員:4000円
*本講座を受講する際は、青森県言語聴覚士会の会員であっても受講料がかかりますのでご了承ください。
申し込み: 別紙参加申込書にご記入の上、FAXまたは郵送にて下記までお申し込み下さい。

つがる総合病院 リハビリテーション部 言語訓練室 担当 工藤
〒037-0074 青森県五所川原市字岩木町12-3
TEL 0173-35-3111  FAX 0173-35-0009

参加申込書のダウンロード(PDFファイル 約44KB)
締め切り: 平成28年11月25日(金)必着
そ の 他: 本講座を受講される際は、受付にて受講を証明する確認印を押印いたしますので、協会で発行している生涯学習プログラム用の「生涯学習受講記録票」を必ずお持ち下さい。尚、既に入会されている方で生涯学習受講記録票を紛失された方は、当日再発行が可能ですので、受付にお申し出下さい。まだ協会へ入会されていない方で当講座を受講予定の方は、当日までに出来る限り入会申し込みを済ませるようお願い致します。
会場案内: JR青森駅より車で3分、徒歩8分。
東北自動車道 青森中央I.Cより車で約20分。
駐車場は会場建物横にございます。駐車場をご利用の方は有料となっております。
研修会受付にて半額券を配布いたしますのでご利用下さい。

<会場周辺地図>



△top



「言語聴覚の日」開催報告

 青森県言語聴覚士会八戸支部では、9 月 25 日(日)に八戸市公会堂において八戸地区で初めて言語聴覚の日を開催いたしました。八戸市を挙げたイベントである、八戸市環境・健康フェスタ 2016 健康まつり&環境展において「言語聴覚士の紹介」として紹介チラシの配布やポスターの掲示、聴力検査・人工喉頭・補聴器の体験、嚥下食の紹介を行いました。
会場は健康に興味を持った来場者で大変賑わいを見せており、地域の方々と触れ合う貴重な経験をさせて頂きました。その中で、聴力や嚥下、言語発達に関しての相談もあり、地域の方々から言語聴覚士が求められている状況であることを直に感じる機会にもなりました。地域の方々にもっともっと言語聴覚士を知って頂くこと、そして言語聴覚士が介入出来る幅を更に広げていく活動も今後必要になってくると思います。そのため、今後は施設間の連携を深めることや、関係機関への啓蒙活動を積極的に行っていきたいと考えています。
 最後になりますが、お忙しい中、準備・運営に協力して下さった言語聴覚士の皆様、嚥下食を提供して下さった下沢食品さんに心から感謝を申し上げたいと思います。来年度も多くの方々に言語聴覚士を知ってもらえるように、様々な活動を行っていきたいと考えていますので、今後ともご協力の程よろしくお願いいたします。
 以下、大盛況の会場の様子です↓



青森県言語聴覚士会 新理事 紹介







県士会会員所属施設の実態調査に関するお願い



詳細・アンケート用紙はこちら(PDFファイル 約176KB)


△top



青森県言語聴覚士会第15回総会・研修会のご案内


総会の出欠を平成28年5月13日(金)までに返信ハガキでお知らせ下さい(必ずご返送下さい)

■日時:平成 28 年 5 月 21 日(土)13:00〜

■会場:アピオ青森 大研修室 1
(青森市中央 3-17-1 TEL 017-732-1010)

■総会・研修会プログラム
[12:30] 受付開始
[13:00] 総会開会
[14:00] 総会閉会
[14:10] 研修会 1 開会
[14:40] 研修会 2 開会
[15:40] 質疑応答
[16:00] 研修会終了

■【第 15 回総会各議案】
・平成 27 年度事業・決算報告
・役員改選について
・会則・選挙細則改定について
・平成 28 年度事業計画案・予算案
・会員所属の施設情報について
・失語症アンケート調査について
・当会の法人化について

■研修会について
【研修会 1】
・介護報酬改定と介護保険制度の動向について
講師:今川 伸博 先生
【研修会 2】
・PT・OT・ST3 協会合同都道府県士会会議に関する伝達講習
講師:成田 智 先生

○平成 28 年度年会費を申し受けますので、ご協力お願い致します。
○本研修会は生涯学習プログラムのポイント取得対象とはなりません。ご了承ください。
(非会員・学生は有料)



青森県言語聴覚士会
第24回学術研修会及び事例相談会のご案内

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、青森県言語聴覚士会では 第24回学術研修会 を下記の通り開催いたします。
今回は、初の試みとして学術研修会に加え、事例相談会も同時開催することとなりました。
事例相談会については、弘前地区の回復期、小児の各分野からの症例発表及び意見交換、オブザーバーの先生方からの御助言等を予定しております。
学術研修会については、国立障害者リハビリテーションセンターで言語聴覚士長をお勤めになられ、また、長年にわたり青森県の言語聴覚療法を牽引されておられる、言語聴覚士の 渋屋 康則先生 を講師にお迎えし、青森県の今後の言語聴覚療法のあり方について、今回は特に回復期リハについての先生の取り組みについてお話いただきます。また、小児の言語聴覚療法についてもいくつかお話いただく予定となっております。青森県内はもちろん、全国的にも第一線でご活躍されている先生のお話ですので、今後の臨床において、大変参考になるかと存じます。
つきましては、何かとご多忙のこととは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。


日 時: 平成28年1月17日(日)
会 場: 青森県観光物産館アスパム 4F奥入瀬の間
〒030-0803 青森市安方1丁目1-40 TEL 017-735-5311(代)